2014年09月11日

ふくしまHOPE北海道キャンプ

8月17日から23日までふくしまHOPEプロジェクトの北海道キャンプに引率スタッフとして参加してきました。小学生11名、中学生2名、保護者の方4名が参加してくれました。
郡山市と福島市から公共の高速バスや電車を使って仙台港まで行き、そこから苫小牧行きのフェリーに乗りました。
大浴場やゲームコーナーもあるホテルのような船内に子どもたちは大はしゃぎで14時間(船内で一泊)という長時間でも退屈することはありませんでした。
翌日お昼前に苫小牧港に到着し、そこから貸切バスに乗り、夕方に旭川近郊の青少年の家に着きました。
青少年の家には3泊しました。滞在中は生憎の雨でしたが、室内スポーツ(ゴルフ、玉入れ、ドッヂビーなど)や温水プール、クラフト、映画鑑賞、学習タイムなど盛り沢山の内容でした。また、素敵な声で楽しく絵本の読み聞かせをしてくださる方が来てくれて、子どもたちは大喜びでした。退出日前日の夕方には一時的に雨が上がり、少し散歩をすることができ、カブトムシを捕まえることもできました。
5日目には青少年の家を出発し、午前に珍しい海外のおもちゃが置いてある森のおもちゃ屋さんへ、午後には旭山動物園へ行きました。その日の夜は何班かに別れ地元の教会で分宿しました。男の子チームは美味しいご飯の後でかき氷や花火など夏を満喫しました。
北海道最終日は午前中に広い公園でいっぱい遊んだ後、お昼を食べてバスで港まで行き再びフェリーに乗って1泊して帰ってきました。
子どもたちは皆とても元気でパワフルだったので、元気をもらうと同時にクタクタになりました(笑)。
追記:
最初、中学生と小学生の間に少し距離があったんですが、一緒に遊んでいる内に仲良くなり、後半は女の子たちが中学生のお姉さんにべったりになっていて微笑ましかったです。 その中学生の1人が最終日に誕生日を迎えたので、女の子たちはお金を出し合いお土産屋さんでプレゼントを買って、フェリーの中で小さな誕生日会をしました。


IMG_5335.JPG

IMG_5454.JPG

IMG_5535.JPG

IMG_5566.JPG

IMG_5710.JPG

IMG_5815.JPG
posted by UG at 22:52| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: